膝の軟骨成分をサポートしてくれる食品(食事)はコレ!

 

 

膝の痛みには、関節の軟骨成分の減少が大きく関わっています。

 

では、関節の軟骨成分を食事でサポートすることはできるのでしょうか。

 

軟骨成分を助ける食品はどんなものがあるのでしょうか。

 

徹底的に調べてみましょう。

 

 

●食事で摂りやすいのはコンドロイチンとグルコサミン

 

軟骨の約30%を構成している重要な成分がコンドロイチンです。

 

動物性コンドロイチンには、ふかひれ、うなぎ、ハモ、すっぽん、鶏や豚、牛の軟骨、マグロや鯛の目玉などがあります。

 

 

植物性コンドロイチンは、納豆、モロヘイヤ、おくら、なめこ、やまいも、めかぶといった、いわゆるネバネバ系の食品です。

 

動物性コンドロイチンを毎日食べるのは難しそうですが、植物性コンドロイチンなら毎日食べられそうですね。

 

 

グルコサミンはアミノ糖の一種で、軟骨を構成している成分のひとつです。

 

コンドロイチン一緒に含まれていることが多いので、コンドロイチンを含む食品を食べることで一緒に摂取することができます。

 

その他では、エビやかにの殻に多く含まれています。

 

 

●コラーゲン、オメガ3脂肪酸

 

コラーゲンも軟骨成分をサポートするのに大事な成分です。

 

魚や鶏の皮や牛すじ、貝類などに多く含まれ、加熱して食べると体に吸収されやすいのでおすすめです。

 

 

そして、コラーゲンを体内で再合成するためにはタンパク質ビタミンCも必要です。

 

肉や魚、卵、大豆、野菜、果物もバランスよく食べましょう。

 

 

また、DHAやEPAといったオメガ3脂肪酸は軟骨のはたらきをサポートするといわれています。

 

さんま、いわし、サバなどの青魚やクルミに多く含まれますので、こちらも積極的に食卓に並べたいですね。

 

 

 

意外とたくさんの食材で軟骨成分はサポートできるようですね。

 

自分で毎日調理ができないという人は、サプリメントを利用するという方法もあります。

 

加齢で軟骨成分が減りきってしまってからでは、食事で栄養成分を補うのは大変かもしれません。

 

今から少しずつ軟骨成分サポートを始めてみませんか?

 

 

膝の痛みがつらい方!
軟骨成分の補給だけでなく、
痛みに速効アプローチするからすぐにラクラク!
今なら全額返金保証付き!
↓↓詳細はこちら↓↓