膝の軟骨がすり減る原因!注意すべきポイントとは?

 

 

高齢になると、膝の痛みで悩む人が増えてきます。

 

中でも多いのが、膝の軟骨がすり減ることで痛みが生じているというものです。

 

 

膝の骨は表面が軟骨で覆われており、骨と骨が触れ合わないようになっています。

 

軟骨は「骨」とは言うものの、実は骨とは全く違うものなのです。

 

9割以上が水分でできており、クッションのような役割を果たしてくれています。

 

しかしこの軟骨がすり減ってしまうと、骨同士がぶつかり痛みが生じてしまうのです。

 

 

この状態を「変形性膝関節症」と言い、主に60代以上の人によく見られる症状です。

 

 

 

膝の軟骨がすり減ってしまう原因は、大きく分けると加齢、生活習慣、外的要因となります。

 

最もよく言われるのが加齢によるものです。

 

 

年を取るとどうしても筋力が弱くなり関節にかかる負担が大きくなります。

 

軟骨は再生することがないので、毎日の負担で少しずつすり減ってしまうのです。

 

 

 

もう一つ大きな原因として挙げられるのが生活習慣です。

 

例えば不規則な食生活や運動不足によって肥満になってしまうと、膝にかかる負担は大きなものとなります。

 

歩くときの姿勢も大きく関係しています。

 

猫背やO脚の人は、やはり膝への負担を増やしてしまいがちです。

 

 

 

外的要因が原因で症状を訴える人もいます。

 

外的要因とは過度な労働や事故、怪我、スポーツなどです。

 

これまで運動していなかった人が突然激しい運動を始め、かえって関節に負荷がかかってしまったというケースもあります。

 

 

 

変形性膝関節症の症状を和らげるには、病院で治療を受ける以外に、日々の生活でいくつか気を付けるべきポイントがあります。

 

 

まず適度な運動やストレッチを取り入れることが大切です。

 

筋力を維持することは関節への負担を減らすことができますし、血流や代謝を改善することもできます。

 

 

また、程よい運動は関節の可動域を広げてくれます。

 

膝が痛くて動くのが辛いときも、お風呂上りのストレッチなど、自分にできる範囲で体を動かしていきましょう。

 

 

規則正しい生活も大切です。

 

軟骨の形成に役立つビタミンやミネラル、アミノ酸などの栄養素を積極的に摂り、バランスのとれた食事を心がけましょう。

 

 

膝の痛みがつらい方!
軟骨成分の補給だけでなく、
痛みに速効アプローチするからすぐにラクラク!
今なら全額返金保証付き!
↓↓詳細はこちら↓↓