【注意!】オオイタドリ(大痛取)の効果と副作用は?

 

大痛取はタデ科の多年草であるイタドリの近縁種で、イタドリと同様に様々な環境で繁殖する特徴があります。

 

その一方でイタドリよりも形状が大きく、成長すると丈が3メートル以上になることもあります。

 

 

大痛取は薬草としての効果が高く、最も広く知られた使い方として若葉をすり潰して出た汁を傷口に塗ることによる止血や鎮痛の作用が挙げられます。

 

特に鎮痛効果は即効性があることから古くから民間薬として用いられてきました。

 

 

また、近年では鎮痛作用がある成分を抽出して、膝などの関節の痛みを和らげるサプリメントに含ませるケースが増加しています。

 

 

大痛取は場所を選ばずに大量に発生する雑草なので入手しやすく、簡単に服用できる利点がある一方で過剰に使うことで頻尿や下痢などの副作用に見舞われることがあります。

 

葉や茎など、場所を問わずに排泄を促す成分が含まれているため、摂取しすぎると自分の意思とは無関係に大小便が出てしまう可能性があるので注意が必要です。

 

また、下痢や頻尿が続くと体の水分が減少して脱水症状などの重大な疾患に見舞われることもあります。

 

そのため、体の痛みを取り除く際には安全面を考慮して慎重に摂取するように心がけます。

 

 

茶葉として販売されている物は採取した葉や茎をそのまま乾燥させているので、雑草として生えている物と同様に過剰な摂取は控えるように注意します。

 

市販のサプリメントの場合は鎮痛効果の成分だけを抽出して使用している物が多いので大きなトラブルが発生する可能性は低いですが、過剰な摂取は体調不良の原因になるので必ず適量を守ることが大切です。

 

 

個人の体質によっては含有成分の影響で肌荒れや排泄時の痛みなどの副作用が生じるケースもあるので、異常を感じたらすぐに使用を中止して医療機関で適切な治療を受けましょう。

 

薬草で体の痛みを和らげる場合は方法や量を誤ると却って不具合が生じてしまうことから、正しい知識を持って扱うことが健やかに暮らすための心得です

 


オオイタドリ配合!膝痛・腰痛などの関節痛に!
軟骨成分の補給だけでなく、
痛みにすぐにアプローチするからすぐにラクラク!
今なら全額返金保証付き!
↓↓詳細はこちら↓↓