高齢者が膝を曲げると痛い原因は?簡単な対策&予防方法!

 

 

 

年とともに、膝を曲げると痛みを感じる方が増えてきます。

 

その原因はどんなものなのでしょうか?

 

 

高齢者にかかわらず、

 

膝の痛みの症状が出る原因として考えられるのは、

 

下記のようなものがあります。

 

 

◆膝を曲げると内側が痛い症状

 

・鵞足炎(がそくえん)
 膝の内側の腱が集中している部分の「鵞足」に
 炎症が起こるもの。スポーツなど、膝に負担が
 かかりすぎることで起こる。

 

・内側側幅靭帯損傷(ないそくそくふくじんたいそんしょう)
 膝の内側の靱帯が損傷することで痛みが出ます。
 軽い状態を「ねんざ」ともいいます。

 

・半月板損傷(はんげつばんそんしょう)
 膝の内側と外側に1枚づつある半月板という骨が
 損傷することで起こる痛みです。

 

・変形性膝関節症(へんけいせいしつかんせつしょう)
 膝の軟骨部分がすり減ることで、骨が直接こすれて
 痛みがでます。
 高齢者の方に多い関節の痛みです。

 

 

◆膝を曲げると外側が痛い症状

 

・腸脛靭帯炎(ちょうけいじんたいえん)
 太ももの外側を覆って、膝下の脛骨までつながっている
 腸脛靭帯はが炎症を起こすことで痛みがでます。

 

 長距離のランナーに多く、外側に体重をかけ負担を
 かけすぎることにより起こることが多いです。

 

 

年を重ねるごとに起こる、高齢者の方に多いのが

 

変形性膝関節症(へんけいせいひざかんせつしょう)」です。

 

 

変形性膝関節症とは、膝の大腿骨(だいたいこつ)と

 

頸骨(けいこつ)が接している部分にある

 

軟骨がすり減ることで、骨が直接ぶつかって痛みが出ます。

 

 

 

それでは、変形性膝関節症はどんな人がなりやすいのか、

 

原因や気になる3つの症状、また対策方法も紹介していきますので

 

続きは下記リンクよりどうぞ。

 

こちら⇒注意!変形性膝関節症の原因と3つの症状!簡単な対策方法とは?